みなさんこんばんは墨花居中野マルイ店のツルです

予告と題名が違うじゃないかという突っ込みはひとまず華麗にスルーさせていただきまして、

11月限定のディナーコースをお料理名のみですが取り急ぎご紹介させていただきます。

墨花居コース  3500円(税込)

墨花居特製前菜3種
  ・寒サワラのたたき 葱山椒ソース
  ・押し豆腐のさっぱり和え
  ・よだれが出る程美味しい“よだれ鶏”

九条ネギとたっぷり野菜のスープ水餃子

広島県産牡蠣とカシューナッツの唐辛子炒め

ハーブ豚の角煮 蒸しパン添え

ズワイ蟹肉と白菜のあんかけ焼きそば

とろける杏仁豆腐

今回は一ヶ月限定ということで、一種類のコースのみとなっておりますが、ご予算にあわせて特別コースを組むことが出来ますので是非ご相談ください。

写真を撮り次第、再度詳細をアップいたしますので、もう少々お待ちください。

さて、このところ季節のおすすめ料理に加え、五島列島から届く神経締めの鮮魚を使った料理を始めました。

良い魚が入った時のみなので毎日やっているわけではないですが、蒸し料理であったり、タタキやお刺身としてご好評いただいております。

船の上ですぐに血抜きをしているので、臭味がまったくなく、身の色もすごく綺麗なんですよ。

着いた魚を捌いて味見をしてから調理法を考えるんですが、お刺身の状態で味見をした小西出店長の

『これは旨い』っというつぶやきが良く聞こえてきます。

料理人としての一番の悩みどころは、ただ塩を付けて食べるだけで十分旨い。ということだそうです。

素材そのものが美味しいと手を加えるのが逆に難しいって言いますもんね。

魚の種類も毎回違いますので、ご来店の際に手書きのメニューを見つけましたら絶対にお召し上がりください。

これも写真をとりましたら、一例としてご紹介していきたいと思います。

最後についつい旨いとつぶやいてしまう小西出店長がこちら

DSC_0069.jpg

やっぱり素人に人物は難しいですね。写真を参考にして描いたんですが、惨敗ですぅ。


実物は笑顔が素敵なので是非会いに来てくださいね。
DSC_0066.jpg






Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/1342-7dbb4ce8