みなさんこんばんは中野マルイ店のツルです。

今日は昨日予告しました究極の××についてです。

以前のブログで小西出店長が究極のレバニラを考案中という記事を書いたのですが、お披露目間近ということで、遂に発表する時がやって来ました

みなさんももうご存知のように、妥協を知らない男こと小西出店長ですからブランド豚のレバーを試してみたり、カットの仕方や厚さを変えてみたり、野菜を色々試してみたりetc試行錯誤の末辿り着いたのがこちら

厚切りレバーのニラ炒め

まずは材料から

レバーは鮮度第一で銘柄豚よりもその日一番新鮮なものをチョイス
鮮度抜群レバー


逞しのモヤシ
逞しのもやし
シャキシャキとした歯ごたえと豆の旨味が味わえます。


花ニラ
花ニラ
香り高く歯ごたえがよいのが特徴で、クタッとしてしまうようなことがありません。


以上にニンニクと葱とあわせ調味料と材料は至ってシンプルです。



それでは調理スタート


まずは下処理から


逞しのもやしはスープと塩、油の入った鍋でサッと湯通しします。
IMGP16852

レバーを高温で油通しします。外はカリカリに中はミディアムにするのがポイントです。最後に花ニラも投入。花ニラは高温で油通しすることで堅さがなくなり、シャキシャキとした小気味良い食感を産み出します
IMGP16812IMGP16832


レバーに火が入りすぎないように、ここからはスピードが命です。


ニンニクをきつね色になるまで炒めて香りを引き出したら、葱を加えて醤油・砂糖・オイスターソースなどが入った秘伝の合わせ調味料を入れます。
ニンニク葱

片栗でとろみをつけたら         下処理した材料を一気に投入します。   サッと絡めて
合わせ調味料ととろみ材料投入完成


できあがり
レバニラ

なんといっても厚切りのレバーがポイントです。
厚切り

プリっプリのレバーの食感と、花ニラと逞しのモヤシのシャキシャキとした食感が後引く美味しさ。

ついつい箸が止まらなくなっちゃいます。

ご飯にもお酒にも相性抜群ですので、ランチタイムにはランチセットで、ディナータイムには一品料理としてオススメしていく予定です。


少し時間がたつとクタッとして水っぽくなってしまう通常のレバニラとは一線を画す逸品を是非ご賞味くださいね。

自信のこの顔を見れば間違いありません
変顔
Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/522-85118afd