みなさま、こんばんは!!
季節の変わり目、体調が優れないお客様がチラホラいらっしゃり心配しております。田無店のミセスMです。

今日は、そんな体調のすぐれない、食欲いまいち、風邪気味な方へオススメする『季節の野菜とフルーツミキサージュース』です。

今回使用するフルーツには、ちょっとMのこだわりがありまして実は今日まで用意できなかったんです。甘くなるのを待っていたから。

それがこのキウィフルーツ!


田無にあります、『矢ケ崎ぶどう園』さんのキウィフルーツです。切り口から溢れ出す水分。美味しそうですよね!

11月に採れるということで、待ちわびていたんですが畑までお邪魔してきましたのでご紹介します。

閑静な住宅街に、ひょっこり現れるブドウ畑とこのキウィフルーツ畑。
遠くから見るとただのキウィフルーツに見えますが、実はこのキウィフルーツとても大きいのです!よく見るものの二倍はあります!伝わるかな?


枝がちぎれるんじゃないかと心配になるくらいの手の平大のサイズのキウィフルーツが、たわわになっていました。
今年は夏がお天気がよく、葉っぱにたくさんの栄養がいくことで実も美味しくなり上出来とのこと。
キウィ棚の下には草があまり生えておらず、話を聞くと土の栄養をしっかり樹に与えられる様に刈り取っているそうです。ワイン用のブドウ畑では、もっと生えている所も見ましたが、
こちらでは先代のおじいちゃんの教えにより、なるべく除草剤、防虫剤は使わずに丁寧に育てているそうです。
広い畑ですし大変でしょうね。
キウィフルーツがメジャーな果物ではなかった20年以上も前から、この地で様々な工夫をされ品種もあれこれ試されながら今に至るということで歴史も感じさせられました。

急な訪問にも関わらず、丁寧にお話をしてくださいました。お母さん。ありがとうございました。西武ライオンズのサンバイザーがきまってました!家族みなさん、大のライオンズファンだとか。来年は頑張っていだきましょう。

話は逸れましたが、木の上で熟れ熟れにするのではなく、敢えて少し若めに収穫しビニール袋にりんごと一緒に入れて柔らかく熟れさせて食べるのがポイントだそうで、もし購入された際はそのようにしてくださいね。
収穫していただいたキウィフルーツは、お母さんが丁寧に素手で子供を撫でるようにひとつひとつ、こすり汚れを落としてくれました。その手つきにものすごい愛情を感じましたね。
お忙しい時間にありがとうございました。

ホームページもあるようですので、ご興味のある方はのぞいてみてください。矢ケ崎ぶどう園←ココをクリックしてください。ぶどう園へのアクセスにつながります。
地元田無に、すごいぶどう園とキウィフルーツ畑があるのは誇りですね。

そんなキウィフルーツを使ったミキサージュース。メインで使うには高級ですので、ビタミンたっぷりな丸ごとミカンと風邪予防にニンジンと合わせました。

お砂糖はいれていませんので、なかなか酸っぱいです。でも、これは美味しいです!栄養、食物繊維もバッチリ。
矢ケ崎さんのキウィフルーツには限りがありますので、なくなり次第終了となります。ぜひ一度お試しくださいね。
寒さが厳しくなってくるこの季節。
みなさまお体を大切に!
Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/701-db35c630