みなさんこんばんは墨花居中野マルイ店のツルです

1つ前の記事に私がいつも楽しみにしているミセスMさんの田無の朝市レポがアップされています。

流石ですね。現場の雰囲気や盛り上がりがよく伝わってきて面白いです

元中野店の岡田さんも写ってます

朝市に参加されたお客様やレポをご覧になった方はお気づきかと思いますが、中野店から参戦しておりました小西出店長が今回は多忙につき不参加でした。現在中野店で厨房にも入って奮闘中ですよ


本日は、そんな小西出店長が自ら仕込んで自撮りした写真でお送りいたします。

ご予約の常連のお客様からのリクエストがありましたベジスイーツのごぼうアイスをお送りします。

まずはメインとなるゴボウアイスから

細かくみじん切りにした新ゴボウを揚げていきます。
DSCN2171.jpg

少し焦がしぎみに揚げるのがポイントで、芳ばしい香りとミルクの相性が抜群に良いのです。
DSCN2173.jpg

昔はこの揚げゴボウとミルクと砂糖を混ぜてそのままアイスクライマーにかけていたようですが、美味しいけども今一つ…。ということで、これを一度ミキサーにかけることにしたそうです。
DSCN2190.jpg

この行程を加えたところ、全体に一体感が出て、口に入れたときに拡がるゴボウの芳ばしい香りが増して格段に美味しくなったのでした

味は美味しくなったけれども食感がなくなってしまったので少し食べ飽きてしまうかもということでアクセントとしてゴボウを使った蛋散仔(ダンサンチャイ)という北京の揚げクッキーをトッピングすることにしましたよ。

実は今日の記事はこの脇役がメインなんです。

なぜかって

それは小西出店長が最近、本場中国の手作り菓子にこだわってるから

なにぶん妥協を知らない男なので作り始めると美味しくできるまで何回も作り続けるのであります。

この揚げクッキー、加水率が少なく固さが特徴なので、生のゴボウと小麦粉を混ぜてゴボウの水分だけでは足りない分だけ少量の水を加えます。

水分が少ないため生地が固いので、力を込めて練っては寝かせて、
DSCN2176.jpg

練っては寝かせてを繰り返します。
DSCN2177.jpg

出来上がった生地を薄くのばしてカットしていきます。
DSCN2181.jpg

これを油で芳ばしく揚げていきます。
DSCN2182.jpgDSCN2188.jpg


よぉく油を切ったら出来上がり。
DSCN2191.jpg

カリカリとした食感とゴボウの香りが拡がる素朴なお菓子の完成です

ちなみにこちらは去年のもの
IMGP1095_20130319021950.jpg

以前より加水率が低いので出来が良くなっているのが一目でわかりますね

きっと喜んでいただけることでしょう。
Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/806-80f20994