みなさんこんばんは墨花居中野マルイ店のツルです

気温差が激しい日が続く春らしい陽気になってきましたね。

私としては休みでない限り基本的に出勤時しか外に出ないわけですから、まだ寒い日の格好ででかければよいから楽なんですよね。

さて、最初に宣言してしまいますが、今日は久しぶりということもあって、かなり重た目の記事になってしまいます。先日ドタバタの中で行われた特別コースをご紹介いたしますよ。

なぜドタバタしたかって
みなさん、もうお分かりですよね

そうなんです…。小西出店長は妥協を知らない男ですからギリギリまで迷い続けるのです

まずは
前菜6種盛り合わせ
DSCN2431.jpg
・太葱のチャイニーズマリネ
・豚肉のアメがけ
・トマトの杏露天酒漬け
・ホッキ貝の葱ソース和え
・サーモンの瞬間燻製とミルクの変わり揚げ
・和牛のタタキ~卵黄の紹興酒漬け添え~


んっ5種しかない…盛り付けのバランスで急遽1つやめようとしていましたが、せっかく作ったからと言うと急いで予定通りの6種へ。
DSCN2433.jpg

次は
春タケノコのステーキ
DSCN2436.jpg
美味しい季節がやってきましたタケノコに併せて下に見えるのはお粥です。出来立てのお粥の食感とお米の香りと甘味が春タケノコの香りとほんのりとした苦味と非常に良く合うんです。ピリッとした実山椒ソースとXO醤の2種のソースで。
DSCN2422.jpgDSCN2420.jpgDSCN2418.jpg
ちなみにこのXO醤にも一番柔らかいタケノコの穂先が入ってますよ。菜の花のピリ辛ゴマソース和えを添えた春薫る一皿です。

続いては何度か紹介したことがあります
清流鶏とマコモ茸のロール蒸し~3種のソースで~
DSCN2438.jpg

サワラと春キャベツの酸っぱい煮込み
DSCN2441.jpg
分かりやすく伝えるとすると、胡椒とお酢の効いた塩味の酸辣湯のようなソースで病み付きになるような味わいです。
フレンチのスペシャリテのエイと春キャベツの煮込みからイメージしてできあがったようです。フレンチではバターでコクを出すところをコラーゲンたっぷりスープを使って中華風にアレンジしております。
ちなみになぜお魚にサワラを選んだかと言うと、『柔らかく繊細な肉質と春キャベツの食感と甘味が良く合から』、らしいですが、私的には魚へんに春で鰆(サワラ)使うのはいつ今でしょ

クンフーメン
DSCN2460.jpg

四川の鍋をアレンジした冷たい麺です。
スパイスが沢山入っているので食べ疲れが出てくる終盤にもう一度食欲を沸き立てるような香りと味付けになっています。複数のスパイスを使うためバランスを取るのが非常に難しく小西出店長の腕の見せ所なのであります。

変わった杏仁豆腐
台北でいま流行っている杏仁豆腐らしいのですが、どうやら小西出店長は食べたことがないらしく、コメントなどを参考にとりあえず作ってみたようです。
コンスターチと片栗を入れてモチモチに仕上げた杏仁豆腐に黒米入りの小豆を入れて杏仁霜のソースをとろっとかけて出来上がり。
DSCN2452.jpg
まだまだお試し中ですので今後改善が必要ですが、どんなふうに完成するかが楽しみですね。

そして、店中を巻き込んでドタバタとコース料理をすべて出し終えると
DSCN2451.jpg
こんな安堵の表情を浮かべるのでした。

おつかれさまでした。

考え、悩むからこそ美味しい料理ができるんですよね~小西出さん
5月からのコースも期待しております。
Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/828-efbf0153