みなさん、こんばんは!

成城店のとのです(`・ω・´)


前回に引き続きまして、ただいま成城店で一押しメニューの
「30日間吊るし熟成短角牛」を使ったお料理の
第二弾をご紹介したいと思います~♪






第二弾はこれっ!



短角牛もも肉たたき風


『短角牛もも肉のたたき風サラダ仕立て ピリ辛トマトソース』¥2,180-




では美味しさの秘密をちょっとだけっ★


短角牛もも肉を常温にもどして、塩・黒胡椒で下味を付けたら


油で表面だけ焼いて、芳ばしさを出し、旨味を閉じ込めます。



次にアルミで包んだら80℃のお湯に浸けて30分経ったら、氷水に取ります。




こうすることで、旨味の詰まった柔らかい牛もものたたきが出来上がるのです!




ソースは中国の発酵調味料の豆鼓(トーチー)、豆板醤、ニンニク、お酢…などなどを合わせた
さっぱりした中にも、コクと辛さ・旨味が引き立つ特製ソースです!!





墨花居の自慢の野菜とともに、召し上がっちゃって下さい(´▽`*)




そもそも、「熟成肉って何!?」って思いますよね??



牛肉の旨味成分がアミノ酸(タンパク質)なのはご存知でしょうか??



熟成するとタンパク質の分解が進み、旨味が増していきます。

つまり、より長い期間熟成することが出来れば旨味もその分、増してくるということになります。

なんと30日間熟成させたお肉はアミノ酸量(旨味)が2倍~3倍にもなるそうです!


同時に甘味とジューシーさも増すので、旨味が凝縮されたお肉になるというわけです!!









どうでしょう??
ちょっと食べてみたくなっちゃいましたよね!?(笑)



もう、これは成城店で味を確かめてみるしかありません(`ω´)!!


旨味がぎゅぎゅっと詰まった熟成肉!!
ただ聞いた話で終わらせるのはもったいない…


ぜひぜひ、成城店までーー★
Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/953-065932b9