みなさんこんばんは。墨花居中野マルイ店のツルです

函館の川村さんから新鮮なお魚たちが届きました

まずは
根ホッケ
DSCN4732.jpg
通常のホッケに比べて肉厚でガッチリしています。

平目
DSCN4731.jpg
一匹まるごと提供できるかわいいサイズです。

アオリイカ
DSCN4741.jpg

渡り蟹
DSCN4724.jpg
食用は久々に見ました。

大粒アサリ
DSCN4736.jpg
小西出店長の顔と比べるとよくわかりますが、こんなに大きいんですよ。
DSCN4737.jpg

青つぶ貝
DSCN4740.jpg
同じポーズをいただきました。
DSCN4738.jpg

おすすめ料理として昨日から早速提供させていただきました。

そのラインナップはこちら

青つぶ貝の醤油煮 冷製仕立て 1粒 350円

酔っぱらい渡り蟹キンモクセイの香り 980円

アオリイカの湯引き~翡翠ソース~ 1280円

80℃で1時間コンフィした根ホッケの揚げもの実山椒ソース 1380円

大粒アサリの酒蒸し~焦がし醤油ソース~ 6粒 980円

平目とこだわり野菜の塩炒め 1420円


このなかから本日写真がとれた2品をご紹介致します。

酔っぱらい渡り蟹~キンモクセイの香り~
DSCN4763.jpg

サッと洗ってきれいにしたら生のまま、桂花陳酒・水・塩・砂糖・花山椒の入ったつけ汁に漬けていきます。上からシソ・生姜・葱の薬味を加えます。
DSCN4750.jpgDSCN4753.jpgDSCN4756.jpg

ちなみに蟹は紹興酒漬けより桂花陳酒の方が美味しいそうです。

1日漬け込んだら食べやすいように捌いて盛り付けたら桂花陳酒・トマトジャム生姜・醤油・酢の入ったタレをかければ出来上がりです。
NEC_3643.jpgNEC_3645.jpgNEC_3646.jpg


次は
80℃で1時間コンフィした根ホッケの揚げもの実山椒ソース
DSCN4768.jpg

ぶつ切りにした身を、塩・グラニュー糖・胡椒で下味をつけたら水気をきってサラダ油の中に漬け、このまま80℃で1時間じっくりと火を通していきます。
DSCN4743.jpgDSCN4760.jpg

断面を見れば一目瞭然の肉厚っぷり。

油をかけながら揚げれば、皮はパリパリ、身はしっとりと仕上がります。

ピリッとアクセントの実山椒ソースで

さて、このおすすめ料理、残念ながら渡り蟹は売り切れてしまいましたが他のものは明日も引き続き行います。

数に限りがありますのでお早めにご来店下さいね
Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/964-cd355b8f