以前、墨花居で活躍していた岡田君が経堂のスパゲッティー武蔵野食堂に今年移動になりました。
生パスタが売りの店舗です。
今回経堂店、府中店のスタッフの共同開発による「究極のボロネーゼ」(名前はまだ未定ですが)
が完成いたしました!
ぱ7
ぱ6
ぱ5
ぱ4
ぱ3
ぱ2
ぱ1
目的は一つ!スパゲッティー武蔵野食堂のボロネーゼの熱狂的なファンをつくりたい!
から始まりました。
まずは夜な夜な、自宅でサンプルの生パスタと市販のソースでパスタのモチモチ感、ソースの絡み具合を。
そして、店舗でソースの開発。
ここでは、宝山さんの協力により黒毛和牛のひき肉をプラス。
脂質の量など、あーでもないこーでもないと、現場スタッフの意見交換。
パスタは現状1,8mm。それを何種類もの形状と太さを試作試食して、あーでもないこーでもない。。
結果3mmの生パスタに。
トッピング、見栄え。。とろけるチーズ、ホワイトソース、~~。いろいろありすぎて忘れました。
では、これで一度社長、女性陣に試食を何時いつにしていただきましょう!と決めたものの。
その晩に電話で、あーでもない、こーでもない。。
勿論他店も視に。
そして各々に4,5日食べる、考えるを繰り返す。
そして、また試食。。
たどり着いたのが
ぱ00
こちら。
特に気を足らわず直球勝負!
生パスタのモチモチ感を最大限に生かし、奥深いソースと絡める。これだけ。
良し!社長とターゲットとなる女性陣に何時いつ試食をしていただきましょう!となり。
当日がきました。
女性3人中、1名はとても気に入っていただけたようです!
2名は微妙でした。
社長は、もう太いパスタはいいとのこと。泣く、笑
うどんを食べてるみたいだと気に入ってはいただけなかったようです。泣く、笑

しかし、現場スタッフはやる気満々。
魂のボロネーゼを是非、お客様に召し上がってもらいたい!と熱気ムンムン。
熱狂的なファンをつくりたい!

そこで、なんと3か月の期間限定で販売OKをいただいてしまいました!!嬉しい、泣、泣
と共に、まず沢山のボロネーゼファンの方に一度召し上げっていただかなければならない。
そんな訳で現在チラシなど制作中でございます。
11月中旬販売予定となっております!
またご報告させていただきます。

しかし、なぜ墨花居ブログでスパゲッティー武蔵野食堂のお話?ってなるかもしれないですが。
彼らの熱いエネルギーが移ってしまった訳です。笑
どうぞ、よろしくお願いいたします。



Secret

TrackBackURL
→http://bokkakyo.blog61.fc2.com/tb.php/975-dcb81d66